ハナゴイ 3.0cm

日本のハナダイとは少し違うフィリッピンのパープルクイーンという魚ですが、本当にきれいなパープルからピンクの目立つ魚です。

これがハタの仲間なんて信じられませんね。でも休むとき岩の上にとまっているのを見ると、ハタの仲間だと解ります。

潮通しのよいプランクトンの豊富なところに群れてプランクトン食の魚に共通する独特の泳ぎ方で、ひらひらと泳ぐ様はまるで竜宮城のようです。



アカボシハナゴイ 3.5cm

ハナゴイの仲間はハナダイの仲間と一緒に群れていることが多いのですが、ハナダイよりおとなしい性格で水槽飼育はなかなか難しい種類です。

最初は孵化したてのブラインシュリンプしか食べないのでやせてしまって苦労させられます。



キンギョハナダイ 3.5cm

同じキンギョハナダイでも地域差が大きく、目の覚めるようなオレンジもものから、薄暗いオレンジまであります。

目の周りが紫でアイシャドウをつけたようなおしゃれな色彩です。



クレナイニセスズメ 3.0cm

ハナダイの仲間とは違いこちらはリーフエッジの崖下の岩穴に縄張りを持っています。

従って縄張り意識が強く、一匹狼で喧嘩っ早いさかなです。そういえば顔も意地悪そうですね。

ショッキング・パープル色に見える派手な色も、海の中では目立たず食ら青紫に見えるので水槽飼育の感覚で魚の色を考えてはいけないと反省させられます。



バイカラー・ドティーバック 3.5cm

このニセスズメは不思議なことに日本では見られません。

フィリッピンではクレナイニセスズメと同様に普通に見られるそうなので、同じ黒潮でつながった海域で何故そうなるのかが不思議です。



ちいさな魚たちIndexへ

ホームページへ