大型のポマカンタスの仲間

この仲間は幼魚と成魚の色彩、模様が全く異なり、幼魚は不思議なことにどれも紺のバックに白の線がある独特の模様をしています。

5cm以下の幼魚はとても警戒心が強く、岩の壁面に沿ってぴったりとくっつくように泳ぐ独特の泳ぎ方をします。泳ぎは決して早くはありませんが、この独特の泳ぎ方で身を守っているようです。

成魚は強く大きく貫禄があり、自分の縄張りを堂々と泳いでいますが、幼魚は潮ダマリや、磯の意外に浅い岩影などで見られます。


タテジマキンチャクダイの幼魚 3cm

成魚はプロボクシングの選手のような派手な(品のない)紺地に黄色のタテジマの服を身につけて、大きくて強いらしく堂々として王様のようです。

それに反して幼魚はひらひらとすり抜けるような独特の泳ぎ方で、岩の下の大きな窪みのような場所で暮らしているようです。おそらく何かの擬態をしているようですが、これはこの仲間の共通する性格のようです。

幼魚は通称ウズマキと呼ばれています。


サザナミヤッコの幼魚 2.5cm

タテジマキンチャクダイと同様、沖縄あたりから。毎年黒潮に乗って幼魚がやってきます。

同様に岩穴のような窪みの壁面にそうようにしています。おそらく外敵から身を守るのに岩の壁面を利用しているのではないかと思われます。

それにしてもこの仲間の横縞模様は何の意味があるのでしょうか? どこが頭(眼)か解りにくくしているのは事実です。



キンチャクダイindexへ

ホームページへ