リーフの中の魚たち Indexへ ホームページへ

クマノミはスズメダイ科の魚ですがここでは別に扱います。
ハマクマノミ 

成魚 雌12cm 雄8cm

幼魚 4cm 幼魚 2cm
ハマクマノミはタマイタダキイソギンチャクと共生しています。クマノミの仲間ではもっとも大きく強いので、一番いい場所を占拠するのもこの魚です。幼魚の白いラインは1〜3本で成魚になると一本になります。
クマノミ 成魚 雌7cm 雄5cm 幼魚 2.5cm  幼魚 1.5cm
砂地のイボハタゴイソギンチャクにはクマノミとミツボシクロスズメの幼魚が一緒に共生しています。このパターンはトウアカクマノミと同じなのですが、石垣島ではトウアカクマノミはとても少ないようです。
カクレクマノミ 成魚 5cm 幼魚 2cm 幼魚 0.5cm
カクレクマノミはハタゴイソギンチャクやセンジュイソギンチャクと共生します。とても浅い岸近くでも見られます。もっとも小型のクマノミなので他のクマノミに追われてそうなるのではないかと思います。
セジロクマノミ 成魚 7cm 幼魚 2cm
ハタゴイソギンチャクに共生することが多く、イソギンチャクに体をすりつけるようにして、決して離れません。似ているハナビラクマノミは不思議とリーフの中では滅多に見かけません。