ニザダイ アイゴ
リーフの中の魚たち Indexへ ホームページへ
ヒフキアイゴ

成魚 20cm

幼魚 8cm 
目立つ黄色の体に黒い斑紋があり、頭が白く黒い縞と特徴があるため目立つ魚です。
サンゴアイゴ 成魚 15cm
全体が黄色で小さな薄い斑点がたくさんあります。
アイゴの中間は全て背ビレに猛毒を持っていますので、釣りなどで魚を触るときは十分注意が必要です。
マジリアイゴ 成魚 20cm
ヒフキアイゴとサンゴアイゴが混じったようなのでマジリというのでしょうか? やや青みを帯びた細いしま模様があります。
ヒメアイゴ 成魚 15cm 幼魚 8cm
その名の通り小振りなアイゴで、大きな群を作って行動します。
アミアイゴ

成魚 12cm

 
海で見るとたいてい真っ黒に見えますが、周囲の状況によってこのような模様が出たりします。幼魚はシュクといって塩漬けにしてスクガラスと呼ばれ珍重されます。