ちょっとユーモラスな感じのカワハギやフグたちです。
マウスを重ねると別の写真が出ます。

テングカワハギ
ノコギリハギ
ハクセイハギ
エダサンゴに完全に依存している魚で、エダサンゴのないところでは見られないため、健全なサンゴのバロメータとなります。

ムービー(動画)

黒いシマと黄色の尾ビレが可愛らしく、カワハギらしい背ビレと腹ビレがポイントです
そっくりさんのシマキンチャクフグはクリックすると出ます。
ムービー(動画)
馬面で目が目立つカワハギですが、大きな割りにひどく臆病で、近づくと直ぐに逃げてしまいます。
リーフの上でよく見かけます。
ムービー(動画)

アザミカワハギ
ソウシハギ
ツマジロモンガラ
目立たないけれど、よく見るとおちょぼ口が白く間抜けな顔で、動作も可愛い魚です。
リーフの上でよく見ます。

ムービー(動画)

50cm以上の大きなものを見かける。
長細くて平たい魚で、臆病ですぐに逃げていきます。

ムービー(動画)

目立たない魚ですが、死んだサンゴが累積したような場所で結構たくさん見られます。

ムービー(動画)


ムラサメモンガラ
クラカケモンガラ
クマドリ
岸近くの浅い岩や荒いサンゴの上でよく見かけますが、サンゴの多い沖合には少ない魚です。ピカソがデザインしたような派手な模様です。
ムービー(動画)
ムラサメモンガラと似たような場所で見られますが、リーフ付近でも見られます。
よく似たイメージの魚にタスキモンガラがあります。(マウスをクリック
ムービー(動画)

リーフの中で普通に見られ、緑がかった黒地に暗いオレンジのシマがあります。

ムービー(動画)


モンガラカワハギ
ゴマモンガラ
クロモンガラ
やや深い場所にいるのでシュノーケリングではあまり見かけません。
黒が基調の割には派手なデザインですね。
プロレスのマスクのイメージがします。
ムービー(動画)
大きくなる魚で50cm以上になります。
死んだエダサンゴを大きな口で引っ張って穴を空けて餌を探しているのをよく見かけます。それにしても不細工な顔ですね。
ムービー(動画)
リーフのドロップオフなどでは見かけますが、リーフ内では見たことがありません。
ヒレの動きが目立つ魚です。
ムービー(動画)

シマキンチャクフグ
コクテンフグ
サザナミフグ

ノコギリハギ(上記)とそっくりで、むしろノコギリハギの方が擬態していると考えられますが背ビレ・腹ビレが違います。
ノコギリハギはクリックすると出ます。
ムービー(動画)

動きが遅いのは毒を持っているからで、捕まえると水を吸ってボールのように膨らみます。ときどき丸くなって休んでいるのを見かけます。(マウスをクリック
ムービー(動画)
サンゴのあるところでは、あまり多くは見られませんが、時々大きな個体を見かけます。


ハリセンボン
ミナミハコフグ(幼魚)
クロハコフグ
危険が迫り水を吸って膨れると、針が立つことで有名な魚です。
マウスを重ねると膨れたところが出ます。
ムービー(動画)
おちょぼ口の顔や動きも可愛いのでとても人気のある魚です。
是非動画で見てください。
ムービー(動画)
リーフの上のテーブルサンゴが多い場所でよく見られます。黒地に細かい黄色(オス)又は白(メス)の点があります。
ハコフグらしく体は固く箱形です。
ムービー(動画)