八重山で春に見られる花を紹介します。
写真にマウスを重ねると別の写真が出ます。
デイゴ セイシカ センダン クチナシ

新入学シーズンには咲く花と言えば桜ですが、こちらでは真っ赤なデイゴの花が咲き誇ります。南国らしい花で県花となっています。

3〜4月に咲く大型のツツジの仲間で、幻の花といわれていましたが、現在ではバンナ公園Cゾーンで手軽に見ることができます。写真をクリックすると自生している姿が見えます。

3〜4月にうすい藤紫の小さな花をたくさんつます。
この花には蝶がよく密を吸いに集まります。

野生のクチナシです。
3〜4月に咲きとてもいい匂いがします。

まるで風車がたくさん付いているように見えます。

コンロンカ カエンボク ムラサキソシンカ ソウシジュ

4〜5月にかけて多く咲きますが、白く見えるのは変色した葉で黄色いのが花です。
ポインセチアの白版といった感じですが全く別の種類です。

2月から4月にかけて大きな濃いオレンジの花を咲かせます。
木も数メートルの高さになります。ノウゼンカヅラの仲間で黄色い花もある。

直径10cm以上あるマメ科らしい変わった形の花をたくさんつけます。

4〜5月に小さな黄色花をたくさん咲かせて木全体が黄色になるほどです。
また、とてもいい匂いが咲いている付近一帯にします。

ゲットウ(月桃) イジュ ノボタン オキナワシャリンバイ

4〜6月にかけて至るところで見られます。ショウガ科の植物で葉をちぎってみるといい匂いがします。
花サヤの中からランのような花がでてきますが、この花サヤ(蕾)だけの時はブドウのようできれいです。クリックすると出ます。

5〜6月に目立つ白い花がたくさん咲くのツバキ科の高木です。
於茂登トンネルの南側の県道87号線で特に目立ちます。

春と秋に野山で見られます。
園芸品種はもっと赤紫に近い色ですが、この野生種はピンクの美しい色です。

高さ3mほどになる木で、3〜4月に白い梅のような花を咲かせます。