この付近は石垣島の旧市街で赤瓦の民家も少しだけ残っています。
この赤瓦の民家を過ぎてしばらく行くと、突き当たりには樹齢200〜300年と言われるガジュマルの巨木があります。
ブロック塀に根を巻き付け、またブロック塀の方もガジュマルにあわせて作ってあります。

沖縄では魔物は曲がるのが下手なので、このような突き当たりがあると突き進んで入ってきてしまうと信じられているため、あちこちのT字路や三叉路に魔除けの石厳當が置いてあります。

ガジュマルの巨木を過ぎてさらに行くと大きなブーゲンビリアの木が素晴らしい家があります。
top page