アクセス 歩き方

ニシ浜ビーチ

集落

サイクリング

八重山の離島へ

ニシ浜以外で行くとしたら、まず最南端の碑がある場所です。
地図に集落から紫色で示されたコースです。
この場所から星空観測タワーや高那崎は見えるのでこれらの場所へは行く必要はありません。
距離は片道2kmほどです。

一周道路の東半分は特に見るものもなく単調なので地図で水色で示されたコースで西半分を回ることをおすすめします。
時間のない方は来た道を戻ってください。
このコースの距離は6kmほどで、やや起伏があります。

日本最南端の碑
荒々しい断崖の上に立つこの碑は思いのほか質素です。何故かその横には目立つ日の丸が・・・。

その横に波照間之碑があり、沖縄の返還に際し、全国の青年が持ち寄った各地の石を使って作られました。
その他にも最南端平和の碑という大きな石碑もあります。

ここからの景色はそれほど雄大ではありませんが、左の写真の更に右側に突き出た岩場があり、(写真右)そこが本当の日本最南端です。
是非その岩場まで足をのばしてください。
サンゴのごつごつした岩は少し歩きにくいのですが、行く価値は十分あります。

真っ青な海の色と荒々しくたたきつける波、その断崖は高那崎まで続きます。
ここをクリックするとそこからのパノラマ写真が出ます。

ここからは島の西側の半周をしてみましょう。
まず、日本最南端の碑から、海沿いに走る道路を西に行くと突き当たりがペムチ浜です。

ほとんど誰も来ない静かな浜で遠浅な岩盤でできています。ここの砂はほとんどが星砂なのですが、ほとんど突起が無くなり丸くなっています。でも、中には星の形をしたものがあります。

海岸沿いの道路はここで貯水池を左に見て北上し一周道路に出ます。
しばらく一周道路を走ると「ハマシタン群落」を示す小さな標識があり、そこを左折して、写真右の地道を海の方に下りていきます。下りきって右側に浜へ行く細い道を見落とさないようにしてください。
一周道路では、サトウキビ畑が広がり、時々ヤギが放し飼いにされているのを見かけます。
ツノの立派な雄ヤギは結構攻撃的なやつがいるので注意してください。(ロープで繋がれていますが)
ハマシタンはとても珍しい木で、ここではサンゴでできたごつごつした岩にへばりつくようにはえています。
この浜はひっそりと静かで周りを岩に囲まれているため、ちょっとプライベートビーチ気分になれます。
海を見ながらボーッとするのにいいでしょう。
top page
アクセス 歩き方

ニシ浜ビーチ

集落

サイクリング

八重山の離島へ