アクセス

サイクリング

仲本海岸

東筋集落

八重山の離島へ

top page

サイクリングでおすすめの道は地図に書いてある地道と緑で示された舗装道路です。黒島港からスタートする場合、最初に地道を走って海沿いに宮里まで行き、仲本海岸でゆっくりしたら、東筋の集落を散策して港に向かう最も広い道の途中にある黒島展望台に立ち寄るコースで、地道4km+舗装道路7kmで走るだけなら1時間半もかかりません。

仲本海岸で海水浴をしたりするなら別ですが、3時間ほどで楽にゆったり回ることができます。
平坦な島なので走るのも楽ですが、夏は暑いと思います。

保里から西の浜に向かう地道の入口は分かりにくいのですが、写真左のように壁に絵が描いてある建物の右に入っていく道があります。

途中、牧場の中をぬけ牛も近くで見ることができます。
ウミガメの看板が目印で、浜に下りる細い道を少したどると、広い浜にでます。
西の浜は波照間のニシ浜ビーチと同じような名前なので混同しやすいのですが、ここも真っ白なパウダースノーサンドの美しい浜です。
浜だけなら仲本海岸より美しいと思います。しかも人が少ないのも嬉しくなります。
ここをクリックするとパノラマがでます。
この後は仲本海岸東筋の集落に行きますが、それぞれのコーナーを見てください。

東筋の集落から港に向かう道は黒島の幹線道路?で、広くてきれいで両側に牧場が広がります。
しばらく走ると黒島小中学校の少し手前に奇妙な格好の建物が見えてきます。

黒島が一面牧場であることを理解できます。海は見えません。 ここをクリックするとパノラマがでます。
墓地も牧場の中にあります。

クジャクまでたくさんいます。誰かが放鳥したものが沢山増えているようで、牧場との相性がいいのでしょうか? 困ったものです。

アクセス

サイクリング

仲本海岸

東筋集落

八重山の離島へ