アクセス

歩き方

観光ツアー

フリープラン

カヤック

浦内川 ヒナイ川 仲間川

八重山の離島へ

星砂の浜 西表温泉 野原崎 由布島 野生動物保護センター 古見サキシマスオウ
上原に行く船からも見えるジャングルの中の白い筋 それがピナイサーラの滝です。
船またはカヤックで広大な船浦湾を進み、ヒナイ川に入りしばらく行くと船着場(写真右)があります。
船着場周辺には板根をもつサキシマスオウ(写真下)が見られます。
道は写真右のように滝に行く道と滝に行く道の二つに分かれます。
雨の後は滑りやすいのでしっかりとした靴が必要です。

まず、一般的な滝下に行く道ですが、川沿いに進むので苔むした場所もあり、いかにもジャングルの中を歩いているという実感がわきます。滑らないように注意してしばらく行くと大きなアカギの木が両側にたち、巨大なタコの足ような根が出ている場所(写真左)を過ぎます。
船着場から20分ほどで滝下に到着しますが、沖縄県で最大の落差60mの滝(写真右)には圧倒されます。
また滝壺で泳ぐこともできます。

滝上への道は時間にしては30分ほどですが、雨の後など滑りやすく、道もややはっきりしない所があるので要注意です。
船着場をでて少し行くと左手に急な上りとなります。
山道は滝下の道ほどジャングルらしさはなく単調な上りとなり
ますが最後に「滝」と書いた道しるべを頼りに急な道を下りると滝上にでます。
滝上からの眺め(写真左)はジャングルとマングローブ、そしてサンゴ礁の海が雄大なスケールで見渡せ、苦労した甲斐があったと思われるでしょう。
垂直に落ちる滝も見ることができ迫力満点です。

運良く大潮などの潮がよくひいている時にあたったなら、ヒナイ川の広大な湾はほとんど干上がります。(写真左)
船浦湾の橋の下などで干潟の生き物の観察ができます。

ミナミコメツキガニの大群(写真右)をみることができます。このカニの体の色は写真では青いのですが、夏場には黒くなります。集団で前向きに歩くので兵隊ガニとも呼ばれています。

特にカヤックで行くと干潟にものすごい数のミナミコメツキガニがいるのが分かります。

この川はやはりカヤックで行くのが面白いと思います。最近一番人気のあるカヤック・スポットです。詳しくはカヤックのコーナーで。
top page
アクセス

歩き方

観光ツアー

フリープラン

カヤック

浦内川 ヒナイ川 仲間川

八重山の離島へ

星砂の浜 西表温泉 野原崎 由布島 野生動物保護センター 古見サキシマスオウ