アクセス 歩き方

ビーチ

集落

民家

シーサー

島の植物

八重山の離島へ

今では漆喰だけや焼き物のシーサーもありますが、シーサーはもともと瓦職人が瓦を葺いた後、余った瓦と漆喰で作り、屋根に飾られているのがオリジナルです。竹富島では、そのオリジナルのシーサーを見ることができます。

よく似ていてもビミョーに違いますね。
まずは作者毎(推定)に横一列に並べてみました。

いかがですか?
こうして比較してみると面白いでしょ。

竹富島の各家には瓦職人の作ったオリジナルの個性豊かなシーサーが飾られてあり、思わず笑ってしまう愛嬌のあるものもあり、見て歩くだけで楽しくなってきます。

もちろん、どのシーサとも似ていない作品もあります。
新しい職人さんの作でしょうか?

シーサーだけ見ながら写真を写して歩くのも楽しいものだと思います。
東屋敷と西屋敷の集落だけでも、ほとんどのものを見ることができます。是非、シーサー鑑賞の時間をとってください。

top page
アクセス 歩き方

ビーチ

集落

民家

シーサー

島の植物

八重山の離島へ