アクセス 歩き方

ビーチ

集落

民家

シーサー

島の植物

八重山の離島へ

竹富島の観光は集落が中心となりますので、ここでは集落を起点としてサイクリング或いは徒歩でできる回り方の説明をします。
コンドイビーチが綺麗なのは午前〜14時頃までです。それ以後は逆光になってしまいます。
着いたらすぐ、コンドイビーチやカイジ浜に行くのがよいでしょう。
ということは先にレンタサイクル或いはマイクロバスでビーチ巡り・サイクリングをして集落に戻り、集落内は徒歩でまわるというのがいいでしょう
時間があれば水牛車(写真左)も良い思い出となります。

昼食は石垣島の方が美味しいところが多いので竹富島での食事はこのプランでは考えておりません。

料金
コメント
レンタサイクル
300円/1h 1500円/1日
丸八・友利が集落内にあり便利
マイクロバス
観光バス1000円 ビーチまで300円
竹富島交通
水牛車
約30分 1200円
所要30分
ここではバスを使わないで、サイクリング+徒歩での半日プランを考えます。
時間(午前)
時間(午後)
モデルスケジュール
9:30〜11:30
13:30〜15:30
サイクリング 2時間
11:30〜12:00
15:30〜16:00
水牛車観光
12:00〜13:00
16:00〜17:00
徒歩で集落を散策
レンタサイクル 友利(0980-85-2305) 丸八(0980-85-2260)

右の地図の赤い色でサイクリングルートと順番を見てください。
西桟橋 −> コンドイビーチ −> カイジ浜 −> 仲筋集落
の順に回るのがいいでしょう。それぞれの説明は「ビーチ」と「集落」のコーナーにあります。

レンタサイクルは後払いで使った時間になりますので、2〜3時間を見ておいたら十分だと思います。
コンドイビーチでは海水浴も可能です。
集落の中でも仲筋は少し遠いので、サイクリングで見た方がいいでしょう。自転車を返却したあとは、徒歩で東屋敷西屋敷の集落の散策をします。
時間のある人はアイヤル浜やミサシ御嶽に行くのもいいでしょう。

top page
動画;水牛車で集落巡り