屋形墓

最も多いのが家の形をした屋形墓(やがたばか)です。

屋根の上に本土の墓石のようなものが乗っているのが何とも不思議な感じがします。

真ん中の四角い所から納骨します。

亀甲墓

「きっこうばか」或いは「かめこうばか」と呼びます。

この形式は女の人が仰向けに寝ているところだそうで、「人間は生まれるときも死ぬときも同じ所を通るという思想だそうです。

どちらの墓も墓の前のスペースが大きくここで年に何度か親族が集まり先祖を迎えます。

最近流行っているのがこれ!
全天候型の宴会スペースを持つ張り出し屋根付のもの。

top page